リニューアルしました!

爆発的可能性を秘めたレイヴンコイン(RVN)とは?特徴を詳しく解説

つい最近、バイナンス(BINANCE)に上場したレイヴンコイン(RVN)についてまとめました。

レイヴンコイン(RVN)は爆発的な可能性を秘めた仮想通貨です。

レイヴンコイン(RVN)とは?

レイヴンコインとは、資産の作成とピアツーピア転送に特化したブロックチェーンです。モネロがプライバシーを特徴とするように、レイヴンコインは資産移動を特徴としています。

ビットコインやイーサリアムなどの他のブロックチェーンを介して資産を交換することは可能ですが、それは本来の目的ではありません。

また専門外のことは、資産移動固有の問題にもつながります。レイヴンコインを使用することで、現実世界(ゴールド、土地など)やデジタル(ゲームアイテム、ソフトウェアライセンスなど)の資産を、ネットワーク上で作成してそれにより取引することができます。

レイヴンコイン(RVN)の基本情報

レイヴンコイン(RVN)の基本情報は下記の通りです。非常に活発に開発されています。

RVNの評価できる4つのなし

  1. 創業者報酬:なし
  2. ICO:なし
  3. マスターノード:なし
  4. エアドロップ:なし

スキャムにコインにありがちな特徴が全くありません。

通貨名レイヴンコイン(RVN)
最大発行枚数210億枚
アルゴリズムX16R(ASIC耐性)
マイニング報酬5000 RVN
半減期4年
時価総額ランク68 位/1560 位
公開日2018年03/11
公式サイトhttps://ravencoin.org
ホワイトペーパーhttps://www.ravencoin.org/Ravencoin.pdf
Twitterhttps://twitter.com/Ravencoin
Mediumhttps://medium.com/@ravencoin/ravencoin-4683cd00f83c
GitHubhttps://github.com/RavenProject/Ravencoin
Discordhttps://discordapp.com/invite/jn6uhur

レイヴンコイン(RVN)のチャート

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/ravencoin

バイナンス(BINANCE)へ上場後に最高値を更新しています。

レイヴンコイン(RVN)はどう機能するか?

レイヴンコインはビットコインのフォークであるため、ビットコインのUTXOモデルを使用します。しかし詳しい内容の前に、まず現在のブロックチェーン資産ソリューションに限界がある理由を説明します。

既存仮想通貨の限界

資産をブロックチェーンに置くことは新しいことではありません。2014年以来、ビットコイン上にあるカウンターパーティーが選ばれてきました。例をいくつか挙げるとERC20、ERC721、およびERC223のような、イーサリアムを使用するトークン標準が多いです。

これらの親ブロックチェーンに資産を置くことでセキュリティは向上しますが、大きな欠点があります。例えばカウンターパーティーでは、資産は標準のビットコイントランザクションに接続されます。資産を交換するには、関連するトランザクションの基本通貨(すなわちビットコイン)を大量に使います。ネットワーク料金が高い場合、その交換にコストがかかります。

さらにこれらのネットワークは、資産移動で発生する一般的な問題を保護していません。イーサリアムを見てみましょう:ERC20のような特定のトークンタイプを知らないうちに使用します。

もしそのトークンを間違った取引所や特定の財布に送ると、原資産が破棄される可能性があります。

レイヴンコイン(RVN)とビットコイン(BTC)の 違い

レイヴンコインはビットコインフォークですが、独自のブロックチェーンで動作します。この2つのネットワークの主な違いは4つあります。

発行スケジュール

レイヴンコインのマイニング報酬は5,000 RVNからで、ビットコインは50 BTCからです。 ブロックタイム:レイヴンコインのブロックタイムは1分であり、ビットコインの10分の1です。

コインの供給量

総供給は2,100万 BTCに対して、210億RVNです。

マイニングアルゴリズム:ビットコインはSHA-256ハッシングアルゴリズムを実行していますが、レイヴンコインはX16Rを使用しています。このアルゴリズムは、ASICマイニングを防止します。 現在の業界における大部分のプロジェクトとは異なり、レイヴンコインはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施せず、事前採掘なしでスタートし、RVNを創業者プールに保持しません。

資産の作成と転送プロセス

資産トークンを作成するには、RVNを書き込んでトークン名を入力します。この名前は単一のものでなければなりません。その後トークンの数、小数点以下の桁数、今後さらに発行するかどうかを設定します。

このようなシンプルなトークンは、必要最小限のプラットフォームです。この基礎に加え、レイヴンコインが提供するいくつかの異なるトークンタイプがあります

報酬

トークンの保有者にRVN報酬を分配することが可能です。これらの報酬の使用事例は、顧客のロイヤルティポイントから企業の配当にまで及びます。

レイヴンコイン(RVN)のトークンとは?

固有のトークン

トークンは固有のものであり複製できず、真正性を証明するのに役立ちます。このトークンタイプはクリプトキティーズで人気を博しましたが、その価値はデジタルグッズの範囲を超えて拡大しています。

固有のトークンは、所有権の証明が必要な場合に有益です。ソフトウェアのライセンス、美術品の収集、車両登録などは、トークンを使用する資産の例として挙げられます。

非資産トークン

レイヴンコインには、非資産機能を提供する特殊なトークンもあります。

トークンベースのシステムの多くは、アクティブな通信回線が必要です。レイヴンコインのレイヤーではこれらの回線を容易にするために、保持している資産に特別な通信トークンを扱っています。これらの通信トークンは資産にリンクされているため、資産保有者だけがメッセージを受信します。

レイヴンコインは同じ方法で、投票を実施しています。メッセージングシステムを通じてトークン所有者に通知し、投票を開始します。そのメッセージによって、VOTEトークンを配ります。トークン保有者は、投票用のVOTEを受け取ります。

レイヴンコインチームと進行状況

レイヴンコインには確立されたチームがありません。RavoncoinDev、Tron、Chatturga(ユーザー名の違い)のコア開発者が率いるオープンソースプロジェクトです。ビットコインファンデーションの理事であるBruce Fentonが、チームに助言しています。

ビットコインの発売9周年を迎える2018年1月3日に、コア開発者はレイヴンコインを立ち上げました。そしてFentonは立ち上げとともに、ツイートでマイニングの開始を発表しました。

オーバーストックのCEOであるPatrick Byrne氏は、同社がチームに数百万ドルの投資をしたと発表し、このプロジェクトは有名になりました。それ以来チームは、資産サポートと報酬能力の中核機能を構築してきました。

レイヴンコイン(RVN)のマイニング方法

マイニング方法は電脳モグラさんがいくつかまとめてあります。モグラさんの一番おすすめはHiveOSらしいです。理由は「一番簡単で全てブラウザから管理出来る!」とのことでした。

3リグまで無料で使える!HiveOSのマイニング設定方法を解説

RVN(レイブンコイン)をマイニングする方法を詳しく解説

RVNの最新マイニングソフトz-enemy 1.20を導入したらハッシュレート上がったぞ

レイヴンコイン(RVN)の競合

資産のトークン化が普及してしばらく経った今、いくつかのプロジェクトがレイヴンコインと同様の機能を提供しています。前述のように、イーサリアムやウェーブスのようなプラットフォームでトークンを作成することができます。しかしトークン化は、それらのプラットフォームでは焦点となっていません。

カウンターパーティーは最も一般的なトークンプラットフォームの1つですが、ビットコインネットワークにつながれています。この接続は相手に応じて、強さにも弱さにもなるでしょう。

ワックスやエンジンコインのようなプロジェクトはトークン化されたデジタル資産を提供していますが、オンラインゲーム業界をターゲットにしており、一方ポリマスはセキュリティをターゲットとしているため同じ立場と言えます。

レイヴンコインに最もよく似たプロジェクトはバイトムです。両チームともミッションを調整しており、プラットフォームはエンドユーザーにとってほぼ同じ機能をサポートしています。しかし違いはあります。バイトムはICOを実施し、ネットワーク上でASICマイニングを可能にしました。実際に白書はそれを推奨しています。

レイヴンコイン(RVN)を購入出来る取引所

レイヴンコイン(RVN)はバイナンス(BINANCE)で購入することが出来ます。上場はつい最近ですが、バイナンスの厳しい上場基準をクリアしたことはかなり期待できます。

レイヴンコイン(RVN)を保有する場所

RVNをどこに保有するかについては、選択肢がいくつかあります。

開発チームはiOSウォレット、デスクトップウォレットとアンドロイドウォレットを提供(https://ravencoin.com/wallet)しています。

非常に使いやすいです。

さらにポケットレイヴンのオンラインウォレット、ペーパーウォレットジェネレータ(http://ravenpaperwallet.msft.online)を使用することもできます。

レイヴンコイン(RVN)のまとめ

ほとんどのブロックチェーンプロジェクトは全てを約束しようとしていますが、レイヴンコインはトークン化された資産移動だけを提供しています。そしてこの一点に焦点を当てることは、悪いことではありません。プロジェクトが一度に多くの問題を解決しようとすると、多くの場合には不完全な解決策がたくさん作成されてしまいます。レイヴンコインはそれを避けています。

一見終わりない競争の中で新しいプロジェクトとして、レイヴンコインが成功するかどうか予測するのは難しいです。しかしコミュニティが活発で、最も尊敬されているオンライン小売業者の1つから支持されていることは、明るい兆しです。全てのタイプの資産をトークン化に向かう傾向は、はっきりとしています。しかしレイヴンコインがその変化に向かわせるかどうかは、まだ不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA