リニューアルしました!

ビットコインキャッシュ(BCH)仕組みと特徴を網羅的に解説

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)が分裂して生まれた仮想通貨です。この記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴から将来性まで、メリット・デメリットもあわせて紹介していきます。過去の値動きも振り返り、これを読めばビットコインキャッシュ(BCH)を簡単に知れる内容となっています。ビットコインキャッシュ(BCH)のことがよくわからないという方は参考にして下さい。

ビットコインキャッシュ(BCH)概要

トークン名BCH,BCC
取引開始日2017年8月1日
アルゴリズムSHA256(segwit未実装)
承認アルゴリズムProof of Work
発行上限21,000,000 BCH
ブロック生成速度約10分

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)が分裂(ハードフォーク)して誕生しました。なので、通貨のスペックはお互い似ています。まずは、ビットコインキャッシュ(BCH)がどうして生まれたのかと、ビットコイン(BTC)の違い、今後2つの通貨はどうなっていくのかを簡単にみていきましょう。

ビットコイン(BTC)から分裂して誕生した

2017年8月にビットコイン(BTC)はハードフォークをおこないました。その際に、ビットコイン(BTC)が分岐して生まれたのがビットコインキャッシュ(BCH)です。ハードフォークとは、簡単にいうと仮想通貨のアップデートのことです。ビットコイン(BTC)だけではなく、ほとんどの仮想通貨はハードフォークをおこない、アップデートを繰り返しています。

たとえば、仮想通貨イーサリアム (ETH)も、過去にイーサリアム クラシック(ETC)という仮想通貨に分裂したことがあります。

ビットコイン(BTC)との違い

では、なぜ分裂しなければいけなかったのでしょうか。ビットコイン(BTC)は、2017年にSegwitという技術を導入しました。これは、ビットコインの送金詰を解決するために導入された技術です。

Segwit導入前

取引履歴があまり入りません。。

新しいブロックが見つかるまで取引履歴を入れることが出来ないので送金が詰まってしまいます。

Segwit導入後

取引履歴を圧縮して入れるSegwitという技術を導入したお陰でブロックに取引履歴がいっぱい入るぞ!

これでやっと送金詰まりが解決される!

がしかし・・・仮想通貨がどんどん広まり、取引が増えていき・・Segwit導入後でも送金詰まりが・・

じゃあブロックサイズをでかくすればいいじゃん!

これなら送金が円滑に出来そうだね

この技術を取り入れたのがビットコインキャッシュ(BCH)なのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)の将来性

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)は「どちらが本当のビットコイン(BTC)か」という論争がいまだに続いています。ビットコイン(BTC)はSegwit(Segwit以外にはライトニングネットワークという技術があります)という外部の技術、ビットコインキャッシュ(BCH)は自らのブロック容量を拡張する方法を選びましたが、どちらが優れた仮想通貨なのかはまだ答えがでていません。

ビットコインキャッシュ(BCH)の過去の値動きとチャート

それでは、ビットコインキャッシュ(BCH)の過去の値動きと、直近の値動きをみていきましょう。過去に変動した主な要因としては、取引所への上場やハードフォークへの期待が多いです。

https://www.coingecko.com/en/coins/bitcoin-cash

上場から2017年11月ごろまで

上場直後、ビットコインキャッシュ(BCH)は暴落しました。これはマイニングの難易度が高すぎて、取引が満足に行えなかったからです。その後、マイニングの難易度が調整され、取引が普通に行われるようになったことにより、上場直後の価格まで回復しました。

11月に価格が高騰

11月8日に6万5千円だったのが、約二日間で約27万円まで暴騰しました。この時は、ビットコイン(BTC)のハードフォークが延期となり、多くの人が、ビットコインキャッシュ(BCH)へ資金を動かしたのではないかと言われています。

12月は最高値43万円へ

2017年12月に最高値約43万円を記録します。この時期は、仮想通貨市場に資金が流入し、ビットコインキャッシュ(BCH)だけではなくほとんどすべての仮想通貨の価格が上昇しました。

2018年以降の値動き

2018年以降、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は低迷しています。安値は3月につけた約7万円なっています。しかし、これもビットコインキャッシュ(BCH)の独自の要因ではなく、仮想通貨市場全体の時価総額が急減しているからと考えられます。

2017年12月の高騰はいわゆる「バブル」と呼ばれることもあり。仮想通貨の価格と時価総額は2018年に入って急減しています。

しかし、4月以降の価格は回復傾向にあり、5月6日には20万円近くまで価格は上昇しました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴とメリット、デメリット

ビットコインキャッシュ(BCH)のメリットは、送金スピードが早く決済に向いていることです。また、世界最大手のマイニング会社Bitmainにも支持されていることも今後の展開に期待できます。デメリットは、ビットコイン(BTC)と争っているという点です。

世界最大手のマイニング会社の支援がある

ビットコインキャッシュ(BCH)は、世界最大手のマイニング会社Bitmainに支持されています。Bitmainは世界規模で有名なので、この企業に支援されているのは、通貨の信頼感も上がります。また、「ビットコイン(BTC)の神様」の異名をもつロジャー・バー氏もビットコインキャッシュ(BCH)を支持する一人です。

 

https://www.bitmain.com/

マイニング企業Bitmainとは

マイニング世界最大手の企業です。その動向は世界から注目されており、メディアでも頻繁にでてくる名前です。ビットコイン(BTC)の1/3のマイニングはBitmainがおこなっているとされています。

また、設立者のジハン・ウー氏は、ツイッターでも積極的に発言をしています。その影響力は高く、仮想通貨の価格が変動することもあります。ウー氏はビットコインキャッシュ(BCH)以外にもトロンを支持していることで有名です。

2018年5月にはBitmain社がビットコインキャッシュ(BCH)をバーンする

2018年5月には、Bitmain社が、ビットコインキャッシュ(BCH)をバーン(焼却)し、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰したことがありました。簡単に説明すると、ビットコインキャッシュ(BCH)を償却したことにより、希少性が高まったためです。

Bitmain社は先にもあったように、ビットコインキャッシュ(BCH)を支持しています。なので、マイニングで得た収益の一部を、還元する狙いがあったようです。

このように、Bitmain社の動向次第では、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格に影響もする場合もあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)のメリット

ビットコインキャッシュ(BCH)は送金スピードが早く、手数料が安いのがメリットです。これは、ビットコインキャッシュ(BCH)にとっても重要なポイントです。なぜなら、ビットコイン(BTC)は手数料が高く、決済に使うには不便な仮想通貨だからです。

ビットコインキャッシュ(BCH)は実用性の高さで、ビットコイン(BTC)と差別化をはかろうとしています。

ビットコインキャッシュ(BCH)のデメリット

しかし、ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)と争っている以上、ビットコイン(BTC)を超えなければ価値があるとはいえません。たとえば、今後ビットコイン(BTC)が「本物のビットコイン(BTC)」と認められれば、ビットコインキャッシュ(BCH)の価値はなくなってしまうリスクもあります。

現時点では、ビットコイン(BTC)の方が時価総額も価格も圧倒的に高いので、今後も「本物のビットコイン(BTC)はどっちか」というテーマは、ビットコインキャッシュ(BCH)の根深い問題となります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性

ビットコインキャッシュ(BCH)で重要なのは、開発状況です。今後、どれだけビットコインキャッシュ(BCH)が使いやすくなるかは上でも述べた通り、重要なポイントです。それとあわせて、ビットコインキャッシュ(BCH)が基軸通貨に採用されるのが大きなポイントとなっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は基軸通貨になれるのか

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来を占ううえで大事なのは、ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨に採用する取引所が増えるかどうかです。海外の取引所では、ほとんどが〇○○/ビットコイン(BTC)で取引されていますね。これは、ビットコイン(BTC)が仮想通貨の基軸通貨となっているからです。

ビットコインキャッシュ(BCH)が基軸通貨に採用されることで、取引量が増え、価格の上昇、認知の広まりが期待できます。

基軸通貨とは

基軸通貨とは、取引の際に基準となる通貨のことです。法定通貨であれば、米ドル、仮想通貨であれば現在は、ビットコイン(BTC)です。基軸通貨は、両替のさいに使われるので、自然と取引量が高くなり価格も安定します。

また、基軸通貨は、みんなの信頼を得ないとなれません。現在もアメリカが世界1位の経済大国で国の信頼が大きいから、米ドルは基軸通貨として採用されています。

ビットコインキャッシュ(BCH)が基軸通貨として採用されると、先の「本物のビットコイン(BTC)はどちらか」という論争に決着がつくかもしれません。

ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨として採用している取引所

実は、すでにビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨として採用している取引所はいくつかあります。イギリスのCoinex、中国のOKEXという取引所は、2017年にビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨に採用し、話題となりました。

SBIバーチャルカレンシーもビットコインキャッシュ(BCH)を支持

2018年夏に開設される大手仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーの北尾社長もビットコインキャッシュ(BCH)を支持しています。すでにビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングに力をいれることも発表され、今後の動きに注目が集まっています。

たとえば、SBIがビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨に採用したら、価格は高騰するでしょう。事実、先行口座では、XRPとビットコインキャッシュ(BCH)の取引を開始し、北尾社長のビットコインキャッシュ(BCH)支持が垣間見れます。(2018年6月時点)

一般口座は、今夏にも受付開始とされているので、ビットコインキャッシュ(BCH)がきになる方は、注目しておいて損はないでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)がコンビニ決済で支払い可能に?

2018年6月3日、Bitcoin.comというサイト内で、ビットコインキャッシュ(BCH)が日本のコンビニ決済に対応する協議が行われたと、ロジャー・バー氏が発言しました。あくまで協議がおこなわれただけで、実際に対応するわけではありませんが、ビットコインキャッシュ(BCH)の使いやすさをいかし、今後も決済手段として使われるケースが増えるかも重要ポイントです。

2018年5月にはハードフォークを実施

2018年5月にはハードフォークをおこない、アップデートしました。主なハードフォーク内容は、先にもあったブロックサイズの拡張です。データを格納する容量を増やすことにより、処理能力の向上が期待できます。

また、簡易的なスマートコントラクトの実装もおこなわれました。ただし、ETHのようなメインの技術ではなく、あくまで非中央集権性を高めるためのサブ的な機能のようです。

繰り返しにはなりますが、ビットコイン(BTC)はブロックサイズを拡張していくことで、処理能力を高めようとしている通貨なので、今後もブロックサイズがどこまで拡張していくか、それにより、送金・決済にどこまで使われるかがビットコインキャッシュ(BCH)の将来を決める上での最大の注目ポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA