リニューアルしました!

Baikal(バイカル) BK-G28は買いなのか?

祈れ祈るのじゃ

どうも電脳モグラです。

今夏はBaikalの新作ASIC「Baikal BK-G28」ついて色々考えてみます。

Baikal(バイカル) BK-G28のスペック

この形好きじゃ無い・・

BK-G28はBK-Xの後継機種で性能が役2.8倍になています。

Baikal(バイカル) BK-G28の対応アルゴリズム

アルゴリズムハッシュパワー消費電力収益
X1128Gh/s1300W-0.5ドル
Quark28Gh/s800W5.4ドル
Qubit28Gh/s850W6.6ドル
Myriad-Groestl28Gh/s350W2.5ドル
Nist528Gh/s550W1.7ドル
Skein14Gh/s300W4.4ドル
X11Gost3.5Gh/s450W3.3ドル
Groestl28Gh/s450W22ドル

一番収益率の高いアルゴリズムはGroestlですが、これもすぐに半分になるでしょう。そしてGroestlに特化したASICが出ると収益率は更に悪化します。

結論・・買わない方が良い・・と思う

Baikal(バイカル) BK-G28の価格は?

Baikal BK-G28はサイト上でオープンプライスとなっている。

買う気は無いが取り敢えず問い合わせてみた。

なんと価格は1300ドル

安い・・

安すぎる

ちょっと前までBK-Xを1000ドルで販売していたのに・・

性能2.8倍のBK-G28がこんなお値打ち価格・・

欲しい・・欲しいぞ・・

否!

危うく騙されそうになりました。

Nシリーズの悪夢を思い出して下さい。(機種に数字が入っている場合は要注意)恐らく同じような展開になる気がします。

次に出るのは新しいチップを使用し、電源効率が飛躍的に上がったモデルでは無いか?と考えています。当然ハッシュパワーも上げてきます。

以上の理由により、弱気な価格設定なのだと思います。

なるほど・・

こっちの考察の方が信憑性があるぞ

Baikal(バイカル) BK-G28は買いなのか?

個人マイナーは買うべきでは無いと思うけど、大口法人マイナーなら買いかもしれない

なぜなら、法人は何としても売り上げを作らなければならない。新機種を仕入れ、顧客に販売しなければならない、売り上げが0と言うのはあり得ないのです。

エストニア(電気代がめちゃくちゃ安い)なら十分な利益が確保できそう

が、しかし

年末に仮想通貨相場が上がればかなりお得なASICになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA