リニューアルしました!

買いなのか!?Antminer S9-Hydroを開示データから考察する

Antminerが初の水冷式ASICを発表

約10日ほど前にビットコイン用の新しいASICが、Bitmainの中国語のウェブサイトに登場しました。そして英語のウェブサイトにも掲載され、この新しいASICの第一ロッドは9月1日から10に出荷、発送されます。

発表された価格は745ドルで、ラジエーターと付属品付きでプラス 129ドル、PSUはプラス92ドル、1台あたり合計966ドル(出荷費用や付加価値税は含まない)となります。

出荷や税金を考慮すると、EU圏に住んでいる場合、Antminer S9-Hydroの費用は約1200ユーロになります。 いくつかの仮想通貨関連のウェブサイトでは、この新しいASICを「新たな興味深い追加」または「ゲームチェンジャー」とも呼んでいますが、私には疑問があります。このマイナーにどんな利益を期待できるのでしょうか?

Antminer S9-Hydroのスペック

基本スペック

ハッシュレート18TH/s
アルゴリズムSHA256
電力使用量1728w
電力効率96J / THs
騒音レベル25°C で45dBA(最大:58dBA、最小:26dBA)

その名の通りS9-Hydroは、基本的にはハッシュボードが追加されたAntminer S9(13.5 TH)で、ハッシュレートをより高めるため消費電力が比例的大きいです。

Antminer S9-Hydroはいかなる新技術も搭載していないようです。 冷却システムは、常に新鮮な水を必要とします。交換におけるS9-Hydroのノイズは、近頃のどのBitmainのASICと比べてもかなり小さいです。

Antminer S9-Hydroの収益性

収益性については、1日に0.0007BTCまでこのマイナーで得ることができます。

これは年に0.25 BTC(現在の難易度で6,727,225.469722.0)という計算になります。電気代が0円で、difficulty(発掘難易度)に変化が無い場合はまともなASICに見えます。

もし20円/ KWh(日本の平均の電気代より低い)を支払う場合は1年間で10万円の赤字です。(現在のビットコイン価格80万円で試算)

ビットコイン価格別収益予測表

ビットコイン価格電気代(KWh)年間電気代利益
80万円11円/ KWh約166,702円33,298円
80万円15円/ KWh約227,322円-27,322円
80万円20円/ KWh約303,096円-10,3096円
80万円25円/ KWh約378,870円-178,870円
100万円11円/ KWh約166,702円83,298円
100万円15円/ KWh約227,322円22,678円
100万円20円/ KWh約303,096円-53,096円
100万円25円/ KWh約378,870円-128,870円

ビットコイン価格が120万円であれば電気代が25円/ KWhでも利益が出そうです。

現在マイニング効率が絶えず低下しているため、Antminer S9-Hydro購入費用を回収する可能性はより低くなるでしょう。

Antminer S9-Hydroのメリットとデメリット

メリット

アントマイナーS9に比べてノイズが少ない 2週間以内に出荷開始 短所 初期価格が高い 仮に電気代が無料でも、マイナーが完済できない可能性が高い

デメリット

初期価格が高い
仮に電気代が無料でも、マイナーが完済できない可能性が高い

Antminer S9-Hydroは買いなのか?結論

このASICをおすすめしますか?私はおすすめしません。

Antminer S9を使えば良いだけで、Antminer S9-Hydroは我々には本当に価値がありません。 ビットメインが新技術(10nmでも7nmでも)に基づく新しいSha-256マイナーを発売予定なので、その前に16nmチップの在庫を空にしようとしているのだと、個人的には思います。

CanaanとGMOインターネットはすでに7nmベースのASICを提供しており、Bitmainもそろそろ発表してくる頃合いかと思います。

動画もあるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA