リニューアルしました!

AntminerのASICが故障したらどうすればいいの?修理依頼のやり方を完全解説

モグラ大ダメージ

どうも電脳モグラです。

先々週、届いたAntminer Z9が早速壊れました。

ハッシュボードの2番目が認識しないといった症状です。

Rebootしても症状は回復しませんでした。

Antminerの故障箇所特定方法

Antminerに問い合わせたところ

故障箇所を特定するために、支持された手順を行なっていきます。

問い合わせはhttps://www.bitmain.comにログインしてチャットで行いました。

シリアルナンバー(SN No.)を聞かれる場合があるので、事前にメモしておきましょう。シリアルナンバーの記載場所はASICの上部です。

問い合わせしてみるとわかるけど、Antminerのカスタマーサービスは本当に優秀

手順は下記の通り

  1. ASICのリセット
  2. ファームウェアのリロード
  3. 電源ユニットの交換
  4. ASICを分解して故障箇所の特定

AntminerのASICリセット方法

リセット方法は下記を参考に行いました。

https://enforum.bitmain.com/bbs/topics/3957

Antminerのファームウェアリロード方法

ファームウェアのリロードは下記の動画を参考に行いました。

ファームウェアは下記のURLからダウンロード可能です。

https://service.bitmain.com/support/download

自身のASICにあったファームウェアをダウンロードして下さい。

電源ユニットの交換

電源ユニットの故障の可能性もあるので、正常に稼働している接続端子を認識しないハッシュボードに接続して稼働するかテストします。

モグラの場合は故障したハッシュボードがやはり認識しなかったです。

故障箇所を特定する最も簡単な方法

ASICのリセット、ファームウェアのリロード、電源ユニットの交換を全て試してもダメな場合、ASICを分解し、故障箇所を更に特定するようにAntminerのサポートから指示されます。

故障箇所を特定する最も簡単な方法は、壊れたハッシュボードが接続されていた箇所に正常なハッシュボードを接続し起動テストする方法です。

試したところ、正常に動作したので接続ケーブル、電源ケーブル、制御ユニットの故障ではないと判断する事が出来ました。

AntminerのASICを分解する

さて、それではASICを分解していく

これはAntminerのサポートに指示されてから行なった方が良いです。

勝手にやると、保証が切れるかも

封印シールが貼ってある

取り敢えず、壊れたハッシュボードを抜き取って、正常なハッシュボードを取り付ける

接続して、電源を差し込む

接続ケーブルを抜き差しするときは、必ず電源が切れているときに作業しよう!

これでハッシュボードが正常に動作すればケーブル類のトラブルでは無いと切り分けできる。

壊れたハッシュボード

壊れたハッシュボードを見てみよう

特に焦げた後は見当たらない

特に焦げた後は見当たらない

AntminerのASICの修理交換フロー

取り敢えずAntminerのリペアフローは下記の通り、問題はかなり時間がかかるところだ。

https://service.bitmain.com/support/guide

Antminerの故障ASICをどこに送るか?

さて、最後は発送です。

ここからが一気に面倒になってきます。

発送手順は下記のURLから確認できます。

https://support.bitmain.com/hc/en-us/articles/226760527-How-to-create-a-repair-ticket

更に今は10月、中国は国慶節で大混雑です。

「そう言えば・・日本の会社でAntminerのリペアライセンスを取得したって、プレスをPR timesで見た事があるぞ・・」

圧倒的記憶力を持っているモグラ

そのことをAntminerのサポートに伝えたところ

「私はその会社のことを知らないが、確認するからちょっと待ってー」

3分後・・・

「確認取れたからOKだよ」とのことだった。

こういうイレギュラーな対応にも、速攻で対応するAntminerのサポートはマジで凄い

因みにその日本の会社はGincoって会社

早速、問い合わせてみた。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000031033.html

結果は後ほど報告するぞ

Gincoさんから連絡があった

なんとハッシュボードのリペアはサポートの範囲外とのことだった。

残念

AntminerのASICはマシンが届いてから180日メーカー保証があることを教えて貰ったので

早速、Bitmainへ送付する手続きをしたよ

Antminerへ故障したASICパーツ発送する方法

取り合えず、Antminerのチャットで症状を一通り伝えると、壊れたパーツを送ってくれと言われる。

手順は下記の通り

  1. Create Repair Ticketをクリックする
  2. Apply for Repairタブで必要事項を入力する
  3. Tracking No.には適当な数字を入力し、発送後に正確なTracking No.を入力すること
  4. Remarkには故障内容を入力する 例 hashboard unable to detect Item Information
  5. Add Deviceにて必要なパーツ情報を入力する
  6. 発送する
  7. 荷物のトラッキングナンバーを編集する

リペアチケットの作成

https://shop-repair.bitmain.com/user/afterSale/repairHeaderList

Create Repair Ticketボタンををクリックしチケット作成する

必要事項を入力する(仮)

リペアチケット作成時のトラッキングナンバーは適当数字入力し、荷物発送後に再度入力してほしいとのことだった。(変な仕様)

Remarkには故障内容を入力しよう

ハッシュボードが認識しなかったのでモグラはこう書いた。

hashboard unable to detect Item Information

発送先住所

発送先住所情報はRepair Siteを選択したら自動で出るよ

パーツ情報の入力

修理を依頼するパーツ情報を入力しよう

今回はハッシュボード一枚の修理なので、Quantityには1と入力

以上でリペアチケットの作成は完了だ。

このチケットの作成はサポートから指示されてから行おう。勝手に発行してもダメだよ

パーツを梱包

故障パーツ到着時に部品の欠損があると、保証期間内でも対象外になってしまうらしいので、念入りに梱包しよう。

Packingはこの動画を参考にしてほしいとサポートから言われた。

で、取り敢えず買ってきた。(全部で700円ぐらい)

プチプチを大量に使って梱包し

発泡スチロールで蓋をした。

これでもか!と言うぐらいにガムテープを使った。

保証期間内だから無料修理のはず

Bitmainへ修理依頼したチップボードがようやく届いたぞ(Antminer修理完結編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA