リニューアルしました!

Antminer Z9レビューとZ9 miniとの比較検証

電脳モグラ

遅い、遅い、遅い

どうも電脳モグラです。

待ちに待ったZ9がようやく到着しました。

しかし!

到着したのはZ9本体のみで、電源まだ届いていません。

途中、関税でも止められていたのでかなりの機会損失

怒り心頭なのであります。

Antminer Z9 開封の儀

開けゴマなのであります。

いつも通りなのです。

袋から出す。凛々しい姿

横から

上から

6pinケーブルの数はZ9 miniと同じで全部で7口

後ろはこんな感じ

Antminer Z9の設定方法

Antminer Z9の設定方法はZ9 miniと同じだから、前に書いたこの記事を見ながらやって下さい。

Z9のオーバークロック

Z9のオーバークロックは550までしか出来ない様になっていた。設定選択項目は数字ではなく「turbo」と言う選択項目で、HTMLを編集しても出来ない。

turbo設定にするとチップ温度が70度を超えてきたので、これが限界なのかもしれない。

ハッシュレートのアベレージは48KSol/Sぐらいだった。

Antminer Z9の設置

実際の設置はこんな感じ

発注した電源がまだ届かないので、余っていたサーバー電源を使って稼働中

なんかぐちゃぐちゃして嫌な感じ

電源は750wの物を3台使っている。

理由はZ9はオーバークロックすると消費電力が1200w近くになるので、余裕を持った電源構成にしている

Antminer Z9とZ9 miniの比較

さて、気になるのはこの問題である。

Z9を1台購入する場合とZ9 miniを4台購入する場合どちらがコスパが良いのか?

結論!

Z9 miniを4台購入するパターンなのである

モグラ下手こいた〜

普通に切れそう

Z9 miniを4台購入するパターンのメリット

取り敢えずデータをまとめてみました。(消費電力はオーバクロック時を想定)

初期費用ハッシュレート消費電力
Z93091ドル48KSol/S1200w
Z9 mini@4台3172ドル54KSol/S(13.5KSol/S@1台)1600w(400w@1台)

Z9 miniを4台購入するパターンでは下記のメリットがあります。

  1. クーポンが使えるので初期費用が安くなる
  2. トータルハッシュレートパワーが多い
  3. 故障、初期不良時のリスクを分散できる
  4. 価格が安いので、中古市場で捌きやすい

モグラ、普通に切れそうなのであります。(2回目)

一点だけ注意が必要です。現在、出荷されているZ9 miniはオーバークロック出来ない様なファームになっています。オーバークロックするにはZABROVさんが書いてくれた下記の記事を参考にして下さい。

Antminer Z9 mini オーバークロックまとめ その2 (2018年9月)

集合知の素晴らしさ炸裂なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA