リニューアルしました!

フィルターを取り付けてASICのホコリ対策をする

マイニング勢も総悲観突入

どうも電脳モグラです。

今回はASICのフィルターをちゃんと取り付けてみました。

前回までは

前回までは、ATXで使っていたフィルター14cmを添えているだけでしたが、今回はフィルター12cmを購入し、ネジでしっかりと取り付けました。

ASICの故障原因は?

熱とホコリが原因です。多分

外人の人もフィルターを取り付けていました。

やはり、フィルターを取り付け他方が良さそうです。

ファンフィルターの種類

フィルターのサイズは12cmがぴったりサイズだ。

ただ注意が必要です。

フィルターによって通気性が全然違うのだ。

通気性の測定方法は息を吹きかけて試したけど、安物フィルターは通気性がかなり悪かった。

どちらを選ぶかは収益次第だ!

因みに値段は10倍ぐらい違う

フィルターの取り付け方法

それではフィルタを取り付けて行くよ

まず、ネジを外します。

注意が必要なのは、最初に付いているフィルターの上に新たなフィルターを取り付ける必要があります。最初のフィルターを取ってしまうと新しいフィルターがファンに鑑賞する可能性があり、故障の原因となります。

取り付け後の見た目はこんな感じです。

ASICのチップ温度

クーラーの付いている寝室から、クーラー無しの部屋に移動しました。

部屋の温度は34度です。

チップの温度は寝室に設置していた時と比べて4度上がり、73度になりました。

因みにAntminerはチップの温度が80度にあると自動で停止するらしいです。

Antminer(アントマイナー)の電源を使う時の注意

今まではHPのサーバー電源を使っていましたが、今回はAntminer(アントマイナー)の電源を使ってみました。

10本の6pinケーブルが付いていました。

Antminer(アントマイナー)の電源はスイッチが付いていません。なのでAC電源ケーブルを繋ぐと電源が自動で入ります。

なので下記の手順でASICを取り付けましょう

  1. ASICに6pinケーブルを取り付ける
  2. Antminerの電源にAC電源ケーブルを差す

AC電源ケーブルを購入するときは対応アンペアに注意して下さい。

100Vの電源ケーブルの場合

15A × 100V = 1500w

ですが、Antminer(アントマイナー)の電源を100Vで使う場合は1600wは出ません。

下記はBitmain(ビットメイン)の注意書きです。

  • 電源コードは付属していません。自分で10A以上のものをお探しください。
  • APW7は、110Vの主電源に接続されている場合、最大1000Wの電力しか供給できません。
  • 1800Wの定格電力を得るには、APW7を220-240Vの主電源に接続する必要があります。ご注文の前に、お住まいの地域の主電源を確認してください。

200Vの電源ケーブルの場合

定格10A-250Vの3芯並行プラグコード

ASICも収益が悪化してるので困ったもんだね

モグラのZ9は一体どうなってしまうのか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA