リニューアルしました!

GPUマイニングは終わらない!FPGA ACORN M.2がGPUマイニングを進化させる

マイナー達はイーサリアムをマイニングする際のハッシュレートを向上させる新しいソフトウェアを見直した。 マイナー達はとても単純なプログラムがGPUからハッシュレートを最大30%も押しあげることができることに衝撃を受けた。

David aka GPUHoarderが率いる開発者グループは特定のアルゴリズムでGPUのハッシュを最大100%高速化できるハードウェアを発表した。

FPGA ACORNを知れ

当初、個人のマインニングファームで使えるハッシュレートの加速装置として開発されたAcornは数週間前まで非公開にされていた。

ここで述べた事の他には、Squirrels Research Labsの創設者がこのデバイスの公開予定を発表するまではほとんど知られていなかった。

http://squirrelsresearch.com/acorn-cle-101

Acornは、100k +または200k + LE(ロジックエレメント)と少量のRAM(512Mb〜1GB)を搭載した小さなFPGAボードで、特定の操作をどのGPUより何倍も高速に実行できる。 マシンがマイニングしている時AcornはPCIeを介してGPUとFPGAの間で高帯域幅ハッシュ状態をストリーミングしている。

これはアルゴリズムのメモリ帯域幅または領域の重い部分がGPUによって処理され、他の部分はFPGAに任されることを意味する。 明らかにAcornはKeccakのようなメモリをあまり使わないアルゴリズムではうまく動作し、イーサリアムなどのマイニングでは最も誤差が少ない。

FPGA ACORNとは

AcornのモジュールはGPUを補うものである。 どうやらGPUメーカーに関係なく幅広いGPUで動作するようだ。

Acornは特定のアルゴリズムを持つスタンドアローンなマイナーとしても使用できる。

これはほとんどのメモリ集約的でないアルゴリズムは電力消費量が多いため興味深いかもしれない。 電力消費量がわずか15Wのため、Acornは大量電力消費のマイニング行為に革命的変化をもたらすだろう。

具体的な数値は下記の通りだ。

FPGA ACORNの接続方法と必要条件

1つのAcornモジュールをM.2ポートに接続して、複数のGPUのパフォーマンスを向上させることができる。

2つのM.2 PCIe GEN 3.0 x4ポートを搭載したマザーボードは、2つのAcornと2つのGPUと共に使用することで最大限のパフォーマンスを発揮する。

マザーボードにM.2 x4ポートがない場合は、PCIe x4 to M.2のM-key ホストボードを使用する必要がある。 これらは普通に入手可能で、通常費用は15ドル以下である。Quad-M.2 PCIeホストボードを使用して最大240 M / Hのアクセラレーションを実現することも可能だ。

GPUハイブリッドモードで動作させるには、Acornデバイスに対して4x PCIe 2.0または3.0が必要だ。 スタンドアローンのAcornは、1x PCIe(またはM.2 x1)スロットで動作する。 理想的には、2つのGPUを加速するために、2つのAcornを使用して、Acornのハッシュレートを30-60MH / s程度増加させる。 GPUを増やすと、Acornあたりのリフト量が少なくなる。 例えば1xレーンで8x GPUを使用すると帯域幅の問題が発生しAcornのパフォーマンスが大幅に低下する。 これは使用しても構わないが、最適なオプションとは言えない。

ソフトウェアはどうだろう? FPGAland / MineorityのFPGAボードと同じように、Acornのビットストリームは、コミュニティによって、密接で安全なエコシステムで開発される。 これらのビットストリームは自由に使用出来るが4%の手数料がかかる。

FPGA ACORNの値段と入手方法

注文価格は本当に控えめだ。 開発者は次の料金を請求すると述べた。

モデル価格DRMAmount of LEs
CLE-101$199512MB100k+
CLE-215+ *$3291GB200k+

長期的はAcornにはメンテナンス料金がほとんどない。消費電力は15W程度で1つのデバイスがマイニングハッシュレートを30mh/sを引き上げる可能性があることを考えると異常なパフォーマンスである。 開発者によるとAcornは小規模な家庭のマイナーを支援することを目的としている。 もう少しすればマイナー達はAcornがより少ないGPUで最高のパフォーマンスを発揮することがわかるだろう。これは、当社のゲーミングPCをマイニングに使用しているユーザーにとって魅力的なものである。

GPUHoarderも彼のチームもFPGAボードで作業しているため製品のテストが遅れている。 とはいえ、彼はその遅れがAcorn製品ではなく情報に影響を与えたと主張する。 彼はその情報を持っていることをすぐに2〜3週間のうちに伝えた。

購入は公式サイトから手続きが可能

http://squirrelsresearch.com/acorn-cle-215-plus/

FPGA ACORNのまとめ

AcornはASICとの戦いで一歩前進したのだろうか?(ASICの中央集権化と呼ぶものもいるが) これまでにないぐらいGPUマイニングが活発になることは間違いないだろう。 FPGAはマイニングの未来だと信じている。GPUマイニングはまだ終わっていないかもしれないという朗報だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA