リニューアルしました!

HiveOSのカスタムマイナーでマイニングするやり方は?BEAMマイニング30%アップ!(AMD編)

マイニング界のカリスマ

どうも電脳モグラです。

今回はHiveOSでカスタムマイナーを使う方法を伝授します。

BEAMマイニングでAMDを使っている方は最新のlolminerを使う事でハッシュレートを30%程度向上させる事が出来ます。

HiveOSのカスタムマイナーの設定方法

本記事ではBEAMマイニングを例に解説しています。

カスタムマイナーのURLをゲットする

http://download.hiveos.farm/custom

使いたいカスタムマイナーのURLを右クリックしてコピペします。

HiveOSのフライトシートを作成

一番右のマイナー設定からCustomを選択します。(プルダウンの一番下にあるよ)

すると上記のような設定画面に遷移します。

ここで下記の項目を設定します。

  1. マイナー名 適当
  2. インストールURL(最初にコピペしたURL)
  3. アルゴリズム
  4. ウォレット、ワーカーのテンプレート
  5. プールURL

BEAMの設定の場合は画像の通りに設定すればOKです。

マイナーが新しくなるとURLも変わるので注意して下さい。

この設定を保存したら、各ワーカーのフライトシートをロケットボタンをクリックして更新すればOKです。

ハッシュレートの向上率を見よ

400Sol/s→600Sol/sぐらいになった。

以前は416Sol/s

ハッシュレートの劇的な向上と行っても良いのでは

まぁ消費電力も上がっているけど

これで今日から君もHiveOSマスターだ。

オーバークロック設定

BEAMをRX 470 8Gでマイニングする時のオーバークロック設定です。

あっているのか、反映されているのかは正直よく分からない

パフォーマンスは下記の通り

1052wで132Sol/sぐらい

この1052wは実測値ではないので注意が必要だ。

ワットチェッカーで測ったら1.5倍ぐらい消費していたぞ

みんなはどんな設定でやっているかな?

コメントしてくれるとありがたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA