リニューアルしました!

ethOSで直掘りマイニングする設定方法を解説

お問い合わせが何件かあった、ethOSで直彫りする方法を解説していきます。

しかし、ehtOSは初心者にはあまり向かないです。(結構難しいかも?)

モグラは現在HiveOSでお手軽管理しています。HiveOSの導入記事はこちらで解説しています。

このマイニング方法が本来のやり方で、以前解説したNiceHashを使う方法はイレギュラーです。

モグラ的には基軸仮想通貨のBTCに変換してくれるNiceHashを使えば急激な相場変動でリスクが減ると考えていますが、自分の好きな方法でマイニングして下さい

この記事の対象者は下記の基本をマスターしたマイナー向けの記事です。

モナコイン(MONA)のマイニング方法を完全網羅!マイニングソフトとマイニングプール設定のやり方

モグラでもわかるethOSの設定導入方法

ethOSで直掘りする設定

今回はモナコイン をethOSで直掘りしてみるよ

下記のコードを参考にlocal.confを編集しよう

そのままコピペしても動かないから注意してね

# miner
#-------------------------------------------------

# Lyra2REv2 Cryptonight neoscrypt
globalminer ccminer
#-------------------------------------------------



# Algo
#-------------------------------------------------
# Lyra2REv2
flags -a lyra2v2
#-------------------------------------------------


# Vip pool
#-------------------------------------------------

proxypool1 stratum1.vippool.net:8888
proxypool2 vippool.net:8888

proxywallet VIPに登録しているウォレットアドレス -u ユーザー名

#-------------------------------------------------


# GPU
#-------------------------------------------------
# GeForce GTX 1080 Ti

cor 86.02.40.00.1A 1850
mem 86.02.40.00.1A 5200
pwr 86.02.40.00.1A 80
fan 86.02.40.00.1A 80
mxt 86.02.40.00.1A 70

# GeForce GTX 1070 Ti

cor 86.04.85.00.9C 1750
mem 86.04.85.00.9C 4800
pwr 86.04.85.00.9C 80
fan 86.04.85.00.9C 80
mxt 86.04.85.00.9C 70

maxgputemp 70
globalfan 85
#-------------------------------------------------



#-------------------------------------------------
autoreboot 3

stratumproxy enabled
#-------------------------------------------------

自分の環境に合わせて設定する必要があるので解説していくよ

ウォレットアドレスとユーザー名を入力する

まず、ウォレットアドレスを変更しよう

このウォレットアドレスは、VIPに登録しているモナコイン の払い出しウォレットアドレスを入力して下さい。

proxywallet VIPに登録しているウォレットアドレス -u ユーザー名

払い出しウォレットアドレスは下記のURLから確認出来ます。

https://vippool.net/index.php?page=account&action=edit

ユーザー名も変更する必要があります。

先ほどウォレットを入力したコードの末尾にユーザー名を入力して下さい。

VIPのワーカー設定

次はVIP側のワーカー設定です。下記のURLにアクセスして設定を行います。

https://vippool.net/index.php?page=account&action=workers

赤い点線部分にワーカー名とワーカーのパスワードを入力します。

ワーカー名はethOSの左上画面に表示されているrig 数字6桁を入力します。

ワーカー名を自分で設定したい場合は下記のコードをlocal.confに追記して下さい。

loc 数字6桁 mogura1

今回はethosの数字6桁のワーカー名で設定していきます。

ワーカーのパスワードは適当でxにしています。

入力が終わったら、ワーカーの追加ボタンを押して追加します。

以上で設定は終了です。

マイニング 状況の確認

正しくマイニング されているか?ウォレットに払い出しされているか下記のURLから確認しましょう

このようにUnconfirmedがどんどん追加されて、その後Confirmedに変わっていればマイニング 成功です。基本的には今回の設定をベースにマイニング プールやマイニングしたい仮想通貨を変更できるかと思います。

不明点などがある場合は公式のサンプルをみながら設定して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA