リニューアルしました!

グラボ(RX470)のグリスを塗り替えて劇的に温度を下げるやり方

全てのスキルをマイニングに活かす男

電脳モグラ

どうも電脳モグラです。

今回はモグラのレッドクリフに混じっている熱暴走グラボを修理していきます。

検品しても混じっている熱暴走グラボ

マイニング専用グラボRX470が届いてから

26時間連続で検品作業とリグの組み立てをしていたのだが、なんとこいつが混じっていた。

悲しみ・・

82度の熱暴走グラボ

他の個体は既に返品修理手続きで発送してしまっている・・

せめてもの救いは13GPUリグじゃなかった事

こいつをなんとしても修理しなければ(使命感)

グラボのグリスを塗り替える

取り敢えずグリスを塗り替えれば温度が下がるらしいので

早速やってみた。

ネジをを外す

ネジを外す前に、ネジの止める箇所とネジの種類を覚えておこう

このグラボはわかりずらいけど4種類のネジがあるぞ

グラボを分解すると、保証を受けれなくなるので注意してね

あと普通のデカめのドライバーじゃ無理で精密ドライバーが必要

ファンをパッカーンする

取り敢えずファンをパッカーンする

完全に取り外す必要はないと思う

こんな感じ

埃もあったけど、何年間も使われた感じはしなかった。

ファン側はこんな感じ

右上にコードが付いているから注意

グリスはこんな感じだった。

結構はみ出ている?こんなもの?

詳しくはわからない

古いグリスを剥がす

つまようじを使って、はみ出たグリスをチクチクする

そうするとちょっとずつ剥がれてくる

綿棒と無水エタノールで

ねるねるねーるねの如く

ねるねるねーるね

因みにモグラはこれを使ったけど大丈夫だった。

家にあった普通の消毒液

エタノール製だから大丈夫かな?と思って使ったけど大丈夫だった。

グリスを塗る

 

鏡のようにピカピカになったところにグリスを塗っていく

 

端っこは0.3ミリぐらいで

真ん中は0.8ミリぐらい塗った。

べったり塗りすぎると逆効果らしいので注意

塗り終わったら組み直すんだけど

まず最初にファンと鉄の塊っぽいのをドッキングさせて

最後にチップボードとドッキングするのがおすすめ

ダイヤモンドグリスは絶縁するからおすすめ

普通のグリスは電気を通すから、はみ出した場合ショートして壊れる可能性あり

温度はどれくらい下がったのか?

 

温度めちゃくちゃ下がりました。

「いい仕事してますね」と言わざるおえない

プロフェッショナルです。

ねるねーるねスキルと

圧倒的瞬間集中力を発揮し、グリスを塗る事で

グラボの温度を30度も下げる事が出来ました。

 

これで今あるRX470は全台適正温度で稼動できます。

因みに返品は80台中20台ぐらいだったぞ(怒)

返品は全て関西神戸に偏っていたぞ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA