リニューアルしました!

マイニング専用グラボSapphire RX470 8GBの中古を80台購入!

ケアレスミス発動

電脳モグラ

どうも電脳モグラです。

今話題のマイニング専用グラボRX 470 8GB 中古を大量購入しました!

当初は40台の予定でしたが、中古なのでちょっと多めに買っておこうと

追加で20台ぽっちったのは確かに記憶にある

しかし!

更に追加で20台も購入していたのです。

これは記憶にありません。。

で届いたグラボの箱がこちら

GPU箱タワーです。

マイニング専用グラボRX470 8GBレビュー

早速開封していきます。

このような梱包でグラボが詰め込まれています。

このグラボの良いところは、軽さです。

すごく軽いです。

この1080Tiと比べると3分の1ぐらいの軽さです。

本当に軽いです。

そして結構、雑めに扱えるのもメリット

1080Tiを扱う時は子供を抱くかの如く丁寧に扱っていましたが

中古のRX470の場合は・・

結構、気が楽

表面はこんな感じ

思っていたよりも綺麗でした。

裏側はチクチク・・・

マイニング専用なので映像端子はありません。

が・・・

ゲーム用途でも使用する方法もあるらしい

結果、ばか売れしている

RX470 中古の注意点

保証期間は1ヶ月なので直ぐにチェック

購入するときは4GBではなく、8GBモデルを購入しよう!

RX470 中古の不具合率

80台買って検品した結果

ファンが回らない1台
熱暴走16台
認識しない2台
ハッシュレートが1sol/sしか出ない1台

※熱暴走は他の個体よりも25度以上高い個体をカウントしています。

マイニングリグを組む

ついにこの時が来た。

憧れのマイニングGPUもりもりリグ

夢のもりもりグラボリグを作る

このマザーボードとSapphire RX470を使えば1つのリグで13GPUまで接続できる

組みわせた結果がこれだ!

1リグに13GPU

これこれ

これがやりたかったんだ

そして・・

これがレッドクリフ2019じゃ

カッコいい

動画もあるよ

ガチマイニング勢

マイニングリグも投売り中

勿論、普通のリグも組みます。

グラボも投売り状態ですが

マイニングリグもかなり安くなっていました。

ちなみにこのマイニングリグは製品に加工する前の質流れ品っぽい感じでした。

金属加工が途中で縁取りもされていない為、ちょっと危険なので注意して下さい。

完成はこんな感じです。

マイニング専用グラボでマイニングした結果

今回はHiveOSとWindows10で検証した。

あれだけチェックしても

熱暴走個体が一台混じってますね・・

マイニングした仮想通貨はBEAMだけだからあんまり参考にならないかも

RX470 8GBの設定

HiveOSの設定

あっているのかはわからない(設定が反映されないから)

RX470 8GBのハッシュレートはどのくらい?

ETHだと24Mh/sぐらい

BEAMの場合は7〜8.5sol/s程度です。

RX470でBEAMをマイニングする場合、現状のマイニングソフトだとPL設定が効かないので消費電力がめちゃくちゃ高くなってしまいます。

マイナーソフトがアップデートされることに期待です。

ちゃんとPL設定ができれば100w程度に抑えられるはずです。

BEAMハッシュレート 消費電力
RX470 8GB7〜8.5sol/s140w
1080Ti 11GB28〜29sol/s210w

※消費電力はワットモニターの実測値です。

やはり1080Tiの優秀さが目立ちます。

最新のハッシュレートはこちらで確認して下さい。

やはりマイナー(マイニングソフト)起因っぽいです。

何故、大量に購入したのか?

2019年は反ASICの流れを感じています。

もし、RX470が一日100の利益叩き出してくれれば

たった2カ月で全回収出来るのです。

BEAMで爆益!2019年のマイニング勝確か!?

未来から来たモグラ

なんと1ヶ月で回収出来たのである

まぁちょっとグラボ買いすぎたから

リグ組み立てたら2台ぐらい売ろうと思う(グラボ以外は全て新古品)

次回はグラボのグリスを塗り替えて温度を下げる作戦をしてみるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA