リニューアルしました!

SECのビットコインETFへの懸念にヴァン・エック社が対応

資産運用を行うヴァン・エック(VanEck)社はSEC(米国証券取引委員会)のビットコインETFに対する懸念に規制当局のウェブサイト上の公開書簡で応えました。
ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で「上場投資信託」と呼ばれるものです。これは金融商品取引所に上場している投資信託を指します。

https://www.vaneck.com/

この公式書簡は, SECの投資経営部門の局長に宛てられたもので、以前よりSECが発表していた重要な5つの課題、 評価・流動性・管理・鞘取り・潜在的な操作に触れています。

ビットコインETFの評価

評価に関しては、ヴァン・エック社は、先物を用いて資産投資を構築することはすでに一般的であるため、先物ベースのビットコインETFは評価に関しては新たな問題はないと 述べています。 また、同社の見解ではシカゴ・オプション取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所の金額はETFの純資産価値を適切に決定するのに十分である。とのことです。

ビットコインETFの流動性

ヴァン・エック社は、ビットコイン(BTC)市場は非常に流動性があり、平均取引スプレッドは5ベーシスポイント以下であることを指摘しました。 さらにビットコイン先物市場がビットコインの実物市場に比べて効率的でCBOEとCMEの合計金額が2億ドル(約200億円)に達するという点も指摘しています。

ビットコインETFの管理

ヴァン・エック社のETFでは、現物取引には手を出さないことを表明しました。しかし、直接的な保管要件の解決策を見出すために市場の参加者とは交渉する可能性があるとしました。

ビットコインETFの鞘取り(裁定取引)

裁定取引についてはビットコイン(BTC)の分散的性質により、プラットフォーム間の価格差や効率性の違いなどが存在するので可能だとしている。

ビットコインETFの潜在的操作とその他

リスク ヴァン・エック社の見解では、ETFはビットコイン(BTC)の所有権と取引量の多様化のために、市場は重大な構造的脆弱性を持たないと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA