リニューアルしました!

イーサリアム開発者「暴落の恐怖は去りスケーラビリティの時代に入った」

イーサリアムのネットワークは最高レベル

イーサリアムの共同開発者の一人であるジョセフ・ルービンはイーサリアムの価格暴落($1,500 → $430)は適切であったとし、イーサリアムのネットワークと関連する産業は現在最高レベルで稼働していると述べました。

https://twitter.com/RISEConfHQ/status/1017220559883550720

ジョセフ・ルービンは自身が創業したConenterSys社の600人以上のソフトウェア開発者を集めて、分散型アプリケーション(dapps)の導入促進するためにイーサリアムネットワーク上にインフラストラクチャを構築した。

イーサリアムネットワークのスケーラビリティロードマップ

ルービンはイーサリアム開発の“フェーズ2”の開始に言及し、イーサリアムのネットワーク容量を向上する(スケーラビリティ)と思われるPlasmaやSharding のような技術の導入を図っています。

イーサリアム(ETH)は$0.20~$0.25程からスタートしました。数年前のことです。そこから価値の急上昇が起こりました。この一般的な恐怖と欲望のダイナミクスは過度な集中を経て価格が調整されるのです。なのでイーサリアムの状態は良好と言えます。そして現在はスケーラビリティを考える段階なのです。

Joseph Lubin

イーサリアムの共同開発者のブテリンが述べたように、PlasmaやShardingはイーサリアムの1秒当たりのトランザクション数を100万回に増加させる可能性があります。これらのレイヤー2のシステムはイーサリアムの長年の課題であった、スケーラビリティ問題の実現可能な解決策のように思えます。

ルービンはイーサリアムだけでなく、ビットコイン、リップルの激しい価格変動は人々の注目をイーサリアムやほかのシステムに集めるという点でポジティブにとらえています。

ベア市場(値下がり傾向の市場のこと)では開発者たちは利用者の需要増加に対して迅速な対応をするプレッシャーは少ない。一方、ブル市場(値上がり傾向の市場のこと)では金融と技術に対する注目のはブロックチェーン産業に移行していっているので何百万人もの利用者によって新たなdapps(分散型アプリケーション)やソリューションがどんどん適応されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA