リニューアルしました!

ビットコインゴールド(BTG)はASIC耐性を再度導入するためハードフォークする

ビットコインゴールド(BTG)のマイニング方法はこちら

ビットコインゴールド(BTG)はビットコイン(BTC)から十分にシェアを得ることができなかったBTCハードフォーク通貨です。 このこと自体は残念なことですが、現段階ではまだビットコインゴールド(BTG)は失敗に終わったとは言い難いです。

新しいシステムのアップデートでは、ビットコインゴールド(BTG)チームは明確にネットワーク上でASICへの干渉に反対すると述べました。 つまり、ASIC耐性を導入する為にハードフォークするということです。 ビットコインゴールド(BTG)は既に大規模なハードフォークを経験済みの仮想通貨ですが、更にハードフォークをする事になり、2度目のハードフォークが完了した後の動向はとても興味深いです。

https://bitcoingold.org

ビットコインゴールド(BTG)のASIC耐性

ビットコインゴールド(BTG)の開発者チームにとっては、ASICによるマイニングに反対を表明することはとても重要です。 なぜならビットコインゴールド(BTG)は51%攻撃によって20億円相当を盗まれているからです。この点を考慮すると、ハードフォークの決定はとても歓迎されるでしょう。

51%攻撃はシステムの脆弱性をあらわにしたと言えます。 そしてこの攻撃はASICを用いたマイニングの乱用によって引き起こされたわけですから、そのネットワーク独自の行動計画が必要とされたことは言うまでもありません。 このような問題を対処すべく、ASIC耐性のあるハードフォークを導入することは確かに正しい選択だったと言えるでしょう。 ここでより大きな問題となるのがこの変更が成功するかどうかです。

これまでの移行は非常にスムーズで、ビットコインゴールド(BTG)のブロックチェーンは何も問題を起こしていませんが、ASICマイナーを完全に排除できるとはまだ言えません。今のところ、従来のEquihashアルゴリズムを採用している他の仮想通貨が数多くあるので、ビットコインゴールド(BTG)の新しいアルゴリズムのために新しいASICが開発されることはまずないでしょう

ビットコインゴールド(BTG)の開発者チームの声明

ビットコインゴールド(BTG)の開発者チームにはこのような声明を発表しました。

新たに採用されたアルゴリズムはパーソナリゼイション(personalization)が組まれており、ハッシュレート市場を通じたマイニングパワーの方向転換が難しくなっています。 このアルゴリズムの変更により、現在のアルゴリズムのレンタル市場はなくなり、これまで以上に設定、構築することが難しくなります。これはより高い安全性を意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA